曲げ、捩じり同時試験機 特許取得

曲げ、捩じり同時試験機 特許取得

・2013/5/31 線状体の曲げ、捩じり同時試験機 特許取得(第5279103・5279106号)

制御用の導線、ファイバーといった細い線状体を、実際の環境と同様に無張力下で曲げと捩じりを与える耐久試験が特許を取得いたしました。

magenejiri2

導線といえども、曲げを伴う動作には、当然捩じりもかかります。
このため、実機と同じ動作を行う試験(以降、無負荷曲げ試験と称する)の必要が生じてきました。

実際にJIS規格「曲げ試験」方法と「無負荷曲げ試験」の比較をした場合、ケーブル破断面に明らかな差がでます。

kotei3

JIS規格「曲げ試験」は破断箇所がバラバラで、曲げ箇所が安定していない状況です。

mufukamagenejiri3

これに対して「無負荷曲げ試験」は破断面が曲げ部分の同一箇所で破断しており、常に同一箇所で曲げが行われています。

上記比較により、「無負荷曲げ試験」が繰り返し評価の安定性に優れていることがわかります。

曲げ試験を無張力で行うことで、今までに気づかなかった問題点に直面できるはずです。