「面状体無負荷U字伸縮試験システム」が第42回発明大賞考案功労賞受賞。

「面状体無負荷U字伸縮試験システム」が第42回発明大賞考案功労賞受賞。

日本発明振興協会と日刊工業新聞社共催の「第42回発明大賞」において、当社の「面状体無負荷U字伸縮試験システム」が「考案功労賞」を受賞しました。

第42回 発明大賞 受賞製品・技術のポイント
【考案功労賞】
■摩擦や張力の負荷をかけない曲げ試験機=ユアサシステム機器(取締役執行役員・岡崎恭久氏ほか2人)

スマートフォンなどに使う、丸めたり曲げたりできるディスプレー「フレキシブルディスプレー」の曲げ耐久試験装置。一般的に素材を曲げるために使われる心金「マンドレル」を使わないため、素材が破損しない。マンドレルに接触すると素材に摩擦や張力の負荷がかかって破損し、正確に試験できないのが従来機の課題だった。
(2017年3月9日、日刊工業新聞 https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00420111

ご指導、ご協力いただきました多くの皆様に深く感謝申し上げます。