小型卓上型耐久試験機 本体仕様

本体仕様

TCDM111LH(回転往復ユニット)
DLDM111LH(直線往復ユニット)

卓上型耐久試験機

同一の基本構造を持った、動作が異なる2タイプをラインアップしています。予め設定された試験条件に従って、ワークを連続的に反復運動させる耐久試験装置の駆動源です。

備考

●CEマーキング適合品 ●KCマーク適合品

TCDM111LH(回転往復ユニット)

屈曲試験、捻回試験に使用する耐久試験機本体です。

卓上型耐久試験機/TCDM111LH(回転往復ユニット)

DLDM111LH(直線往復ユニット)

U字折り返し試験、面状体ロール巻取試験、押下挿抜試験に使用する耐久試験機本体です。

卓上型耐久試験機/DLDM111LH(直線往復ユニット)
卓上型耐久試験機
  • 耐久性と静粛性を両立。

    機械リンク構造とギアに樹脂を採用することにより、耐久性と静粛性を高いレベルで両立させています。

  • ワイドレンジな試験を実現。

    最大往復角度±270°(回転往復ユニット)、最大往復ストローク±60mm(直線往復ユニット)を、最高往復速度120往復/分で駆動します。

  • 無人自動運転が可能。

    導体ワークの断線検知機能とプリセット機能付きカウンタを標準で装備しています。

  • 自由自在なレイアウト構成。

    駆動ユニット部と制御ユニット部を分離して設置し、稼働させることが可能です。恒温槽内でのワーク試験などに効果を発揮します。(使用環境条件にご注意下さい。)

    自由自在なレイアウト構成。

基本仕様

基本仕様/卓上型耐久試験機
  • 仕様書ダウンロード
  • お問い合わせ