屈曲試験/クランプ面板仕様 [TCDMLH-C4/2/1BR]

屈曲試験/クランプ面板仕様 [TCDMLH-C4BR](4辺曲げRブロック仕様)、[TCDMLH-C2BR](2辺曲げRブロック仕様)、[TCDMLH-C1BR](1辺曲げRブロック仕様)

TCDMLH-C4BR(4辺曲げRブロック仕様)
TCDMLH-C2BR(2辺曲げRブロック仕様)
TCDMLH-C1BR(1辺曲げRブロック仕様)

卓上型耐久試験機

屈曲試験 [クランプ面板仕様]

クランプを一体化させた曲げRブロックの組み替えにより様々な曲げRの屈曲試験が可能です。マンドレル(円柱)を用いた屈曲試験が困難な小さい曲げRサイズ用です。

対象ワーク

・線状体ワーク…●ケーブル(電線・光ファイバ) ●ハーネス ●ケーブルガイド ●チューブ ●ワイヤー ●繊維 など

・面状体ワーク…●フレキシブルディスプレイ ●有機ELデバイス ●バリアフィルム ●フレキシブル基板 ●フラットケーブル など

備考

●CEマーキング適合品

屈曲試験を具現化するアタッチメント(試験治具)– JIG –

クランプを兼用した曲げRブロックにワークを挟み込み屈曲させます。

4辺曲げRブロック

屈曲角度:±90°以下
曲げR加工条件:
R10以下
(0.5単位で指定可能)

  • 屈曲試験/クランプ面板仕様(4辺曲げRブロック仕様)(試験治具)
  • 屈曲試験/クランプ面板仕様(4辺曲げRブロック仕様)(試験治具)

2辺曲げRブロック

屈曲角度:±135°以下
曲げR加工条件:
1辺はR10固定、
もう1辺はR11以下
(0.5単位で指定/MIT試験機法R0.38にも別途対応可能)

  • 屈曲試験/クランプ面板仕様(2辺曲げRブロック仕様)(試験治具)
  • 屈曲試験/クランプ面板仕様(2辺曲げRブロック仕様)(試験治具)

1辺曲げRブロック

屈曲角度:±180°以下
曲げR加工条件:
R10〜50
(5単位で指定可能)

  • 屈曲試験/クランプ面板仕様(1辺曲げRブロック仕様)(試験治具)
  • 屈曲試験/クランプ面板仕様(1辺曲げRブロック仕様)(試験治具)

試験機器全体構成

屈曲試験/クランプ面板仕様

[CDMLH-C2BR] 屈曲試験/クランプ面板仕様

小さな曲げRの屈曲試験が可能。

マンドレル(円柱)を用いた屈曲試験が困難な小さい曲げRの屈曲試験が可能です。

最大4種類の曲げRを1つのブロックに設定できます。

4辺曲げRブロックの場合、4辺すべてに異なる曲げRを設定すれば、ブロックを左右、上下入れ替えることによって4種類の曲げRの屈曲試験が可能になります。(屈曲角度は±90°以下)

[CDMLH-C2BR] 屈曲試験/クランプ面板仕様 組合完成写真
  • 仕様書ダウンロード
  • 価格表
  • お問い合わせ
駆動部分の耐久試験機本体の仕様はこちら