屈曲試験/無負荷仕様 [TC111L-TFB]

屈曲試験/無負荷仕様 [TC111L-TFB]

TC111L-TFB

自立型耐久試験機

屈曲試験 [無負荷仕様]

導体抵抗測定システム

ワークに重錘による張力負荷がかからない屈曲試験が実現できます。

対象ワーク

・線状体ワーク…●ケーブル(電線・光ファイバ) ●ハーネス ●チューブ ●ワイヤー ●繊維 など

・面状体ワーク…●フレキシブルディスプレイ ●有機ELデバイス ●バリアフィルム ●フレキシブル基板 ●フラットケーブル など

屈曲試験を具現化するアタッチメント(試験治具)– JIG –

無負荷屈曲試験治具

ワークの屈曲動作に連動してワークの下部クランプが上下スライドします。

  • 屈曲試験 [無負荷仕様](試験治具)
  • 屈曲試験 [無負荷仕様](試験治具)
屈曲試験 [無負荷仕様](試験治具)

試験機器全体構成

屈曲試験/無負荷仕様 [TC111L-TFB]

[TC111L-TFB] 屈曲試験/無負荷仕様

ワークに重錘による負荷(張力)を与えず屈曲試験が可能。

ワークの両端のクランプ間をロープで接続することによって、耐久試験駆動部分のクランプが揺動動作をするとき、もう一方のクランプが連動してスライドする仕組みです。よって重錘でワークに張りを与えなくても安定した曲げ半径での屈曲試験が可能です。

屈曲角度、屈曲速度は任意設定可能。

屈曲角度は0°~±180°の間で、屈曲速度は5~90往復/分の間でそれぞれ任意設定できます。

揺動曲げ試験にも対応可能。

無負荷試験治具を外し、標準品である振れ止め治具に取り付けることで標準の揺動曲げR試験に使用できます。

[TC111L-TFB] 屈曲試験/無負荷仕様 組合完成写真
  • 仕様書ダウンロード
  • お問い合わせ
駆動部分の耐久試験機本体の仕様はこちら