恒温恒湿器内耐久試験システム

恒温恒湿器内耐久試験システム

恒温恒湿器に耐久試験機本体、試験治具を組み合わせることで、恒温恒湿の環境下で様々な耐久試験を実現できます。

導体抵抗測定システム

低温、高温、高湿度の試験環境を提供。

恒温恒湿器の設定可能温度はー40℃~+100℃、設定可能湿度は20%RH~98%RHです。恒温恒湿の試験環境下での耐久試験が可能になります。ケーブルのシースやフィルムなどの樹脂素材を使用したワークの試験には必要不可欠な環境です。

治具の交換で様々な耐久試験が可能。

自動車ハーネスのような線状体のワークだけでなく、治具の交換によってフレキシブルプリント基板などの面状体のワークの耐久試験も可能になります。

恒温恒湿器内耐久試験システム
DLD111L(直線往復仕様)卓上型耐久試験機 屈曲試験 [無負荷仕様] 面状体U字折り返し試験 面状体U字折り返し試験 [4レーン仕様] 面状体無負荷U字伸縮試験
  • 仕様書ダウンロード
  • お問い合わせ