屈曲試験/Φ150面版仕様 [TCDMLH-P150]

屈曲試験/Φ150面版仕様 [TCDMLH-P150]

TCDMLH-P150

卓上型耐久試験機

屈曲試験 [Φ150面版仕様]

ケーブルやハーネス、素線、細線などの屈曲耐久試験が簡単に実現できます。
また、幅30mmまでの帯状の試験ワークについても試験可能。

対象ワーク

・線状体ワーク…●ケーブル(電線・光ファイバ) ●ハーネス ●ケーブルガイド ●チューブ ●ワイヤー ●繊維 など

・面状体ワーク…●フレキシブルディスプレイ ●有機ELデバイス ●バリアフィルム ●フレキシブル基板 ●フラットケーブル など

備考

●CEマーキング適合品

屈曲試験を具現化するアタッチメント(試験治具)– JIG –

曲げR10[標準付属品]

2本1セットの曲げR治具(マンドレル)の間にワークを挟み込み屈曲させます。

  • 屈曲試験 [Φ150面版仕様](試験治具)
  • 屈曲試験 [Φ150面版仕様](試験治具)

曲げR40(最大)

最大曲げRはR40で、最大±180°までの屈曲が可能です。

  • 屈曲試験 [Φ150面版仕様](試験治具)
  • 屈曲試験 [Φ150面版仕様](試験治具)
屈曲試験 [Φ150面版仕様](試験治具)

試験機器全体構成

屈曲試験/Φ150面版仕様 [TCDMLH-P150]

[TCDMLH-P150] 屈曲試験/Φ150面版仕様

JIS規格に準拠した様々な屈曲試験が可能。

JIS規格に準拠した錘張力によるケーブルの屈曲試験をはじめ、クランプ有効長を30mm設け、FFCやFPCなどの帯状の試験ワークにも対応できます。

屈曲角度は任意設定でき最大±180°までの屈曲が可能。

試験速度はワークと屈曲角度により変わります。直径2mm程度のケーブルの場合で±90°では120r/min、±180°では60r/minとなります。

曲げRを使用せず、イヤホン等のコネクタ接続部分の屈曲も可能。

クランプ治具についてはご相談ください。

TCDMLH-P150 組合完成写真
[TCDMLH-P150] 屈曲試験/Φ150面版仕様 組合完成写真
  • 仕様書ダウンロード
  • お問い合わせ
駆動部分の耐久試験機本体の仕様はこちら