Z字屈曲試験 [SSD01]

Z字屈曲試験 [SSD01]

SSD01

卓上型耐久試験機

Z字屈曲試験

フィルム、FPCなど面状体ワークを三つ折りに折りたたむ複合曲げ試験が実現できます。

対象ワーク

・面状体ワーク…●フレキシブルディスプレイ ●有機ELデバイス ●バリアフィルム ●フレキシブル基板 ●フラットケーブル など

屈曲試験を具現化するアタッチメント(試験治具)– JIG –

Z字屈曲試験治具

2枚の曲げRプレートを重ねた間にワークを挟み、ワークを巻き取るように曲げRプレートを回転させます。曲げRプレートを180°回転した状態でワークと曲げRプレートをプレスします。

  • Z字屈曲試験(試験治具)
  • Z字屈曲試験(試験治具)

試験機器全体構成

Z字屈曲試験 [SSD01]

[SSD01] Z字屈曲試験

極小の半径で±180°屈曲が可能。

曲げRプレートの厚さとスペーサを変えることにより、最小半径0.1mmまでの±180°の屈曲試験が可能になります。片側曲げ180°の試験も可能です。

プレスによる加圧でワークを強制的に屈曲可能。

ワークが±180°回転した状態でプレスによる加圧をします。プレス圧はおもりによって変更可能で、プレスレスも任意設定することができます。プレス時間はタイマーによって調整できます。

[SSD01] Z字屈曲試験 組合完成写真
  • お問い合わせ
駆動部分の耐久試験機本体の仕様はこちら

※Z字屈曲試験は中型の卓上型耐久試験機の駆動源を用いた特別仕様の試験です。
詳細についてはお問い合わせください。