面状体無負荷U字伸縮試験 [DLDMLH-FS]

面状体無負荷U字伸縮試験 [DLDMLH-FS]

DLDMLH-FS

卓上型耐久試験機

面状体無負荷U字伸縮試験

面状体ワークに無負荷で手作業のように自然な屈曲試験が実現できます。

対象ワーク

・面状体ワーク…●フレキシブルディスプレイ ●有機ELデバイス ●バリアフィルム ●フレキシブル基板 ●フラットケーブル など

備考

●CEマーキング適合品

折り返し試験を具現化するアタッチメント(試験治具)– JIG –

U字伸縮試験治具

ワークを水平に伸ばしてチルトクランプに取り付け伸縮を繰り返します。縮む時にチルトクランプは下方向に動きますので、ワークは自然に曲がった状態になります。チルトクランプを「水平」または「垂直」に固定したままでの試験動作も可能です。

  • 面状体無負荷U字伸縮試験(試験治具)
  • 面状体無負荷U字伸縮試験(試験治具)
  • 面状体無負荷U字伸縮試験(試験治具)

試験機器全体構成

面状体無負荷U字伸縮試験 [DLDMLH-FS]

[DLDMLH-FS] 面状体無負荷U字伸縮試験

ワークに張力を加えない無負荷屈曲試験が可能。

フィルム、FPCなどの面状体ワークに対して、張力を加えない無負荷屈曲試験ができます。

自然な屈曲試験を実現。

ワーク自体の持つ弾性によって自然な曲げRを成形できます。また押えプレートによって強制的に極小曲げRを成形することもできます。(特許出願中)

[DLDMLH-FS] 面状体無負荷U字伸縮試験 組合完成写真

動画の中で使われた試験システム:「TCD111L-P220 屈曲試験 [Φ220面板仕様]

  • 仕様書ダウンロード
  • 価格表
  • お問い合わせ
駆動部分の耐久試験機本体の仕様はこちら