屈曲試験/固定曲げ仕様 [TC111L-FB]

屈曲試験/固定曲げ仕様 [TC111L-FB]

TC111L-FB

自立型耐久試験機

屈曲試験 [固定曲げ仕様]

導体抵抗測定システム

固定された曲げR治具での屈曲試験が実現できます。

対象ワーク

・線状体ワーク…●ケーブル(電線・光ファイバ) ●ハーネス ●チューブ ●ワイヤー ●繊維 など

・面状体ワーク…●フレキシブルディスプレイ ●有機ELデバイス ●バリアフィルム ●フレキシブル基板 ●フラットケーブル など

屈曲試験を具現化するアタッチメント(試験治具)– JIG –

固定曲げR治具フレーム

揺動曲げ試験の曲げR治具(マンドレル)を面板から分離して専用フレームに設置します。

  • 屈曲試験 [固定曲げ仕様](試験治具)
  • 屈曲試験 [固定曲げ仕様](試験治具)
屈曲試験 [固定曲げ仕様](試験治具)

試験機器全体構成

屈曲試験/固定曲げ仕様 [TC111L-FB]

[TC111L-FB] 屈曲試験/固定曲げ仕様

曲げR治具は専用フレームに固定。

揺動曲げ試験に使う曲げR治具を、面板から独立した専用フレームに取り付けて設置します。曲げRフレームは上下に移動可能です。

屈曲角度、屈曲速度は任意設定可能。

屈曲角度は0°~±180°の間で、屈曲速度は5~90往復/分の間でそれぞれ任意設定できます。重錘は本体1台当たり(1面板、2面板問わず)100Nまで使用できます。

揺動曲げ試験にも対応可能。

固定曲げR専用フレームを外し、曲げRを面板に取り付けることで揺動曲げR試験に使用できます。

[TC111L-FB] 屈曲試験/固定曲げ仕様 組合完成写真
  • 仕様書ダウンロード
  • お問い合わせ
駆動部分の耐久試験機本体の仕様はこちら