屈曲試験/面状体曲げ仕様 [TC111L-FFB]

屈曲試験/面状体曲げ仕様 [TC111L-FFB]

TC111L-FFB

自立型耐久試験機

屈曲試験 [面状体曲げ仕様]

導体抵抗測定システム

カードサイズからA4サイズまでのフレキシブルデバイス屈曲試験が簡単に実現できます。治具の変更により、重錘を使用しない無負荷の屈曲試験にも対応が可能になります。

対象ワーク

・面状体ワーク…●フレキシブルディスプレイ ●有機ELデバイス ●バリアフィルム ●フレキシブル基板 ●フラットケーブル など

屈曲試験を具現化するアタッチメント(試験治具)– JIG –

面状体屈曲試験治具

面状体ワークの上部を面板上クランプに、下部を荷重クランプに取り付けます。曲げR治具を支点にしてワークを屈曲します。振れ止め治具も付属しています。

  • 屈曲試験 [面状体曲げ仕様](試験治具)
  • 屈曲試験 [面状体曲げ仕様](試験治具)

面状体無負荷屈曲試験

振れ止め治具を無負荷試験治具に変更することにより、重錘を使用しない無負荷の屈曲試験にも対応が可能になります。

  • 屈曲試験 [面状体曲げ仕様](試験治具)

試験機器全体構成

屈曲試験/面状体曲げ仕様 [TC111L-FFB]

[TC111L-FFB] 屈曲試験/面状体曲げ仕様

フレキシブルデバイスなど面状体ワークの屈曲試験が可能。

ワークのクランプ位置を変えることにより、カードサイズからA4サイズまでの面状体ワークの屈曲試験が可能になります。

無負荷屈曲試験への対応も可能。

振れ止め治具を無負荷試験治具に変更することにより、重錘を使用しない無負荷の屈曲試験にも対応が可能になります。屈曲角度は最大±180°まで任意設定でき、左右屈曲だけでなく片側屈曲も可能です。

[TC111L-FFB] 屈曲試験/面状体曲げ仕様 組合完成写真
  • お問い合わせ
駆動部分の耐久試験機本体の仕様はこちら