面状体U字折り返し試験 [DLDMLH-FU]

面状体U字折り返し試験 [DLDMLH-FU]

DLDMLH-FU

卓上型耐久試験機

面状体U字折り返し試験

フレキシブルディスプレイのような面状体ワークのU字折り返し耐久試験が実現できます。

対象ワーク

・面状体ワーク…●フレキシブルディスプレイ ●有機ELデバイス ●バリアフィルム ●フレキシブル基板 ●フラットケーブル など

備考

●CEマーキング適合品

折り返し試験を具現化するアタッチメント(試験治具)– JIG –

U字折り返し試験治具 1レーン

面状体ワークをU字に曲げた状態でクランプし、下側のクランプ部のみを直線往復移動させます。

  • 面状体U字折り返し試験(試験治具)
  • 面状体U字折り返し試験(試験治具)
  • 曲げR半径が小さい場合
  • 面状体U字折り返し試験(試験治具)

試験機器全体構成

面状体U字折り返し試験 [DLDMLH-FU]

[DLDMLH-FU] 面状体U字折り返し試験

ワーク幅を選ばないクランプ方法。

幅215mm×厚み3mm以内のワークであれば取り付け可能です。また、同じ厚みであれば(ワーク幅の計が215mm以内)並べてクランプすることもできます。

豊富な試験条件を実現。

曲げR半径は0.5~5〜80mm(ワーク厚=0の場合)、ストロークは0~±60mmまで変更することができます(曲げR半径0.5~5の場合は付属のクランプは使用できません)。さらに試験速度を10~90r/minまで可変できます。

常に試験状況の確認が可能。

耐久試験中に発生した変化を見えやすくするため、ワークの押えプレートを透明にしています。

[DLDMLH-FU] 面状体U字折り返し試験 組合完成写真
  • 仕様書ダウンロード
  • お問い合わせ
駆動部分の耐久試験機本体の仕様はこちら