Torsion捻る

捻る

TC111L-TW

自立型耐久試験機
直線捻回試験

ケーブルやファイバーなどの線状体サンプルの捻回耐久試験が実現できます。

  • 導体抵抗測定システム対応

捻回試験を具現化するアタッチメント
(試験治具)- JIG -

直線捻回試験治具

耐久試験機本体(回転往復軸)側がサンプルの捻回端、もう一方がサンプルの固定端(直線従動端)となります。

直線捻回試験治具
直線捻回試験治具

直線従動しない場合

直線捻回試験治具

試験機器全体構成

直線捻回試験

組合完成図

※重錘は付属されておりません。

直線捻回試験

[TC111L-TW]
直線捻回試験

直線捻回試験

捻回角度、捻回速度は任意設定可能。

捻回角度は0°〜±270°の間で、捻回速度は5〜90往復/分の間でそれぞれ任意設定することができます。

スライド機構によりサンプルの収縮に対応。

サンプルのクランプは3ツ爪チャックで行い、スライド機構により捻回動作時のサンプルの収縮に対応します。サンプルは適宜負荷された重錘で張りを与えます。

対象サンプル
線状体サンプル・・・
  • ケーブル(電線・光ファイバ)
  • ハーネス
  • チューブ
  • ワイヤー
  • 繊維 など