Rolling巻く

巻く

DMLHB-FR / DMLHP-FR

5つの基本動作
面状体ロール巻取試験

フレキシブルディスプレイのような面状体サンプルの他に、ケーブルや繊維などのロールへの巻き取り動作に対する耐久試験を実現できます。

巻取試験を具現化するアタッチメント
(試験治具)- JIG -

面状体ロール巻取試験治具

ラック&ピニオンによりローラーを正転・逆転させ、サンプルの巻き取り・解放を繰り返します。

面状体ロール巻取試験治具
面状体ロール巻取試験治具

巻き取りローラについてはΦ5〜Φ100mmの範囲で寸法をご指定ください。

面状体ロール巻取試験治具

ロール巻取試験の必要性

生産過程における「ROLL to ROLL方式」の動作を再現し、巻き取り時に生じる「巻取張力(巻締り)」やサンプルどうしによる「摩擦」に対し評価試験ができます。

ROLL to ROLL方式

ロール状に巻いたフィルムに有機EL素子や回路パターンを印刷し、さらにロールに巻いた封止膜などを貼り合わせてから再びロールに巻き取るといったプロセスにより生産する方式。プラスチック基板に直接描画技術を用いて、液晶パネルや太陽電池等を低コストで製造できる方式として採用されている。

面状体ロール巻取試験治具

試験機器全体構成

面状体ロール巻取試験

組合完成図(約40kg)

※可動部分を覆う安全カバーを取り付けることもできます。
※重錘は付属されておりません。

面状体ロール巻取試験

[DMLHB-FR / DMLHP-FR]
面状体ロール巻取試験

面状体ロール巻取試験

サンプルの巻取は上側からも下側からも可能。

サンプルは巻き取りローラに対し上側から巻き取ることも、下側から巻き取ることも可能です。
また、本体のストローク幅を変更することにより、サンプル巻き取り量を任意設定できます。

チルトクランプを採用。

従動側クランプ(巻き取りローラの反対側)はサンプルの上下運動に合わせて自由に動くため、クランプ部分から発生するダメージを軽減できます。

対象サンプル
面状体サンプル・・・
  • フレキシブルディスプレイ
  • 有機ELデバイス
  • バリアフィルム
  • フレキシブル基板
  • フラットケーブル など
備考
  • CEマーキング適合品